こんにちはいくばるでございます。


3月は大体の日系企業の期末ということもあり、私の会社も御多分にもれずなかなかハードな1ヶ月でした。

企業側は4月1日からスタートできる人材の確保でやっきになり、昨今のスーパー売り手市場も相まってもう人の取り合い感がすごいです。


さて、今回は1000社以上の現場を見て思った転職後成功・活躍できる人がやっていることを8個リストアップして見ました。

私の独断と偏見ですが、もし参考になれば現場で実践して見てくださいね。



■転職後成功・活躍する人のパターン8個!


挨拶と簡単なコミュニケーションがうまい

 社会人として当たり前といえば当たり前なんですが、意外と難しいのが「ありがとうございます」。忙しかったり、右も左もわからない中で感謝すべきところで言葉にしないと印象が悪いですからね。



ちゃんとググれる



 インターネットネイティブ世代にとっては当たり前の作業ですが、こと仕事になると「教えてもらうのが当たり前」的な雰囲気の方が多いのです。

 まずはわからないことや業界の知識などはガンガンググることをお勧めします。

 それでもわからないことをちゃんと聞くと非常に印象が◎


ググれるだけでなく本でも調べる


 業界にもよりますが、ビジネスの内容ってネットに落ちていないことが多々あります。

 また、ネットだけの情報で動くのはビジネスマンとしても少し軽率なイメージ。

 そんなときにしっかりと知識体系化するためには書籍が非常に有効。

 私の場合人材業界は東京大学の研究室で結構分析されて書籍化しておりましたので、雇用関係史とか10冊くらいはインプットして臨みました。

 汎用性の高い業界なら本に載っている情報と現場の情報にどれだけの乖離があるのかを検証するのも仕事の楽しみになるかもしれませんね。


アンフォーマルな人間関係を作る


 職場の人たちもあなたがどのようなスタンスで入社してくるのかが気になっております。

 ぜひ、仕事+プライベートな情報を共有して仕事以外のアンフォーマルな関係性を構築してください。

 昔なら喫煙所がそのコミュニティーを形成する箱となっておりましたが、昨今喫煙者に対しての風当たりも厳しくなりそこへいくメリットが少なくなって参りましたね。

 飲み会以外にも、つながるチャンスはあると思いますので頑張って見つけてみてください。


入社3ヶ月いないに自分がこの組織で一番得意なことを探す 

 人間はラベリングをすぐしたがります。ですので会社の中で「あの人は仕事ができない」というラベルを貼られるとあとあと挽回するのに非常に苦労してしまいます。

 なので、他のラベルを貼られる前に自らこれができる!というラベルを提示してイメージ戦略で勝ちましょう。

 仮になかなか実績が追いついてこなくても「あの人はこれは苦手だけど、Excelはすごく強い」みたいな少してもプラスに捉えてくれることもあります。
 

自分は平凡だと自覚している


  これは自分が平凡かどうかは全く関係ありません。

  ただ、社内で業務を進めていく上で天才と平凡な人では取るべき戦略が全く違います。

  ちなみに天才として活躍するためには入社方法から天才枠でないと活躍できません。

  ということで概ねほとんどの人が入る一般枠の中で、どう差別化していくのかを自覚している人がだいたい伸びます。


自分の行動を管理している


  それほど複雑でも項目が多い必要もないので、自分の行動を「数」で追えるようにしましょう。その癖をつけるかどうかで振り返りも改善策も全く変わって参ります。

  自分が成長するために必要なKPIを決めて手帳に毎週(毎日)書いていくことが成長の第一歩です。
 

じぶんのロジックをもっている

  インプットしたものを自分なりにまとめている人は、アウトプットの精度が全く違います。

  つまり、ロジックを持っていない人は輪郭線の曖昧な説明しかできませんがロジックを持っている人は少なくとも言っていることの意味は必ず伝わります。

  特にマニュアルがあまりない業界などは、自分なりの簡単なマニュアル(法則)をまとめる癖をつけとくといいです。


さて何か参考になるものもあったでしょうか。

ぜひ、参考になるものがあれば情報の拡散もお願います。


(1600文字)



それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる



関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.無期雇用派遣について比較しつつ考える
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)