こんにちは。
いくばるです。
 

この前書いた無期雇用派遣の記事がいろんな人に見ていただけたようなので第二弾やります。

ちなみにこれです→無期雇用派遣について比較しつつ考える




まずこのサービスができた背景に2015年の派遣法2013年の労働契約法改正があります。

詳しいことは割愛しますが、これによって無期限で働く派遣というジャンルが必要になりました。



さて、ではこれで得する人と損する人は誰なのでしょうか?

派遣は関係する人が多いのでややこしくなりやすいのですが、ここでは企業とスタッフという2軸で説明します。



無期雇用派遣で得する企業は?(二つ)


1)派遣会社

これは言わずもがなですね。

働いてくれる人がいなくなったら派遣会社は潰れます。


では、なぜ派遣会社が無期雇用をするかというと、現行法では派遣スタッフは一つの就業先に3年しかいられないルールとなっております。
つまり、クライアントへの派遣を最長でも3年で1回はローテーションしなければならないわけです。

それを回避する一つの策として無期雇用派遣というサービスを打ち出しました。


無期雇用であれば、先の3年ルールは適応から外されます。

 


2)派遣先(就業先企業)

それに伴って、派遣先も無期雇用派遣というサービスがあれば人の入れ替えを最小限に抑えることができます。
3年ごとに人が入れ替わるよりは、多少割高だとしても同じ人に長くいてほしいですよね。


また、新卒の採用がとてつもなく無理ゲーになっている中で長く派遣で就業した人は直接雇用に切り替えてしまうことで、採用コストも抑えることができます。



無期雇用派遣で得する人は?

1)今まで事務経験のない若手の方

例えば18歳で高校を卒業してアパレルで3年間バイトをしていたとします。


21歳になり、そろそろ彼氏とも結婚したい。しかし彼氏は土日休みだし、私も平日は7時くらいに家に帰って、土日は彼氏と一緒に過ごしたい。


ならいっそのこと、事務に転職して長く働けるようにキャリアを積んでいきたい!


こうゆう人に向けたサービスだと解釈しております。
(なので事務職が中心の制度上女性向けにならざるを得ません。)




ただし、話には続きがあります。




もし一社で3年5年と働いて、事務職で必要なスキルも一通りついたとします。


そうすると派遣で働くより正社員になった方が年収も福利厚生もいいケースが出てきます。それであれば、すぐ転職して正社員になった方がいいんです。


だらだら派遣で働いてたらそれこそ損をします。



しかし、ここで非常にキャリアを難しくさせるのが出産です。

出産は確実に一定期間就業できない期間を作ります。


この前後に派遣で働くのか、仕事に就かない期間にするのか、その前に正社員に転職してしまうのか。



個人的には妊娠の1年前くらいに転職してしまい、その会社で出産育児をして復帰をするというのがベストだとは思いますが、こればかりは個人の価値観に委ねるしかありません。




新サービスで対象に入らないかもしれない層は?

一方で今回あげた無期雇用派遣の【新しいサービス】に対象とされづらい層がいます。


それは従来より派遣で就業されており(目安としては5年以上)事務のスキルもエキスパートな方々です。
 

この方達は別のサービスというか、登録派遣から無期雇用派遣に切り替わる権利を主張することができます。要件としては、5年以上同一の派遣元で就業していることが挙げられます。


この方々は労働契約法の権利で有期雇用を無期化する権利が発生します。




そこらへん今後どうなるかは、来年の派遣会社各社の出方でしょうね。



そんな感じで、またサービスの一覧だけ載せて失礼しますー。


無期雇用派遣サービス一覧

 

リクルートスタッフィング

 「CAREEAWINK キャリアウィンク」

  https://www.r-staffing.co.jp/sol/contents/cw/index.html


 

スタッフサービス

 「ミラエール」

  http://www.022022.net/promotion/career/


テンプスタッフ

 「funtable ファンタブル」

  https://www.tempstaff.co.jp/corporate/release/2017/20170403_10041.html

  ※詳細は未公開ですね。


アデコ

 「CAREER SEED キャリアシード」

  http://haken.adecco.co.jp/lp/careerseed/


マイナビ

 「マイナビキャリレーション」

  https://mynavi-cr.jp







それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.無期雇用派遣について比較しつつ考える
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)