こんにちは。

3連休最終日デスね。


7月って中途入社の求職者の動きが鈍ったり、新卒の面接がひと段落したりと人事の方々にとって少ない閑散期だったりします。


転職や就活生の方々はこの時期にどれだけ情報を集められるかが勝負です。


なので、今回は逆に人事担当者が何を考えて面接をしているのかを考えていきたいと思います。



何はともあれ自社の雰囲気に合うかどうか

 

まず、新卒中途問わず採用計画を立てるにあたり「こんな人」を採用したいというイメージは必ずあります。


中途ならポジションが決まっているので、●●部の部長とうまくやれるとか最低限この経験を3年以上とか、です。
 


全てに共通していることは、自社の雰囲気に合うかどうか!

ここがずれると、退職率に直結してしまうのですごくシビアに見ております。


しかし!そんな雰囲気なんて言語化しづらいものに対してどうやって確認をするのか。

それは複数者での面接によるフィーリングです。


もはや合コンみたいなものですね。



これって対策があるのか?って話ですけどあります。


会社の雰囲気を調査して言語化してしまえばいいんです。


そのためには最低でも2人以上その会社で働いている人にインタビューする必要があります。

もしくはVORKERSのような口コミサイトで中の雰囲気を確認しておくことです。



そして、自分が似ている雰囲気の組織で働きやすかったり居心地が良かったエピソードを話して見てください。イチコロなはずです。




面接官もサラリーマンということを覚えていて損はない



文字どうりではありますが面接官もサラリーマンです。

新卒だと大体以下の面接の流れになると思います。


・1次面接 : 若手人事担当者

・2次面接 : 現場責任者(課長クラス)+人事責任者(課長クラス)

・3次面接 : 役員 もしくは社長クラス


この中で、決裁権を持っているのは最後の人たちです。

つまり、1次の面接官は常に2次の面接官の顔色を伺います。


なので、個性が大事だ!と言われても全教科平均点+1教科偏差値60みたいな人が好まれるのは間違いありません。


その中で、自分はこのキャラクターで勝負する!みたいなものを確立するとなお可。


あまりにも突拍子もないことを言ってしまう人を通すと面接官自身の評価に繋がってしまうので注意が必要です。





転職の場合は前職で何をやってきたのかを具体的に見る



社会に出ると、会社員として何をやってきたのかが人によって全然違います。

これ客観的に見ると本当に面白いんですが、誰一人として同じ人っていないんです。

なので、具体的に何をやってきたのか。どうコミュニケーションをとって仕事を進めてきたのか。失敗した時の態度はどうか。等 ファクトをベースに見ます。


ただし、25歳くらいまでの若年層転職なら「何をやってきたのか」よりも「どうやってきたのか」の方が重要視します。



基本的に仕事ってコミュニケーションがしっかりと取れ個人でPDCA回せれば大抵のことはできるようになりますから。



まとめ



まずは面接を受けるときに相手の立場に立ち「自分だったらどんな人を採用するか」という仮説を立てることが第一です。


このコツさえ掴んでしまえば怖いものなんかなくなりますので、頑張ってくださいね!





それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる





関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.無期雇用派遣について比較しつつ考える
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)