お疲れ様です。

最近プライベートでは転職相談に乗ることが多いですが、本業は企業の採用戦略や労務管理、組織構造の再構築を生業にしているいくばるです。




なので、転職エージェントではないのですよ。

ただし、採用側の立場でこんなことが大切とか、人材市場はこうなっているみたいな話はできるので私のアドバイスは結構喜んでもらったりします。


まぁ転職ではこうしろ!みたいなアドバイスって世の中のブログや転職本なんかで溢れていますからね。




さてさて今回は少し、本業よりの採用後の組織マネジメントのお話を少々させていただければと思います。




まず、日本のマネジメント体制は結構クレイジーです。
 

よく会社組織と対比して考えられる軍隊と比較して見ましょう。



クレイジーなポイント1つめは日本企業では現場も考えることを求められます。

営業部門でいうと部単位くらいまでは数字と戦略を考えますが、結局課単位で現場が自分たちの考えを求められながら平行して数字を求められます。


軍隊で考えると現場の部隊が自分たちで考えを求められるわけです。

こうすると全体を一貫してまとめることができなくなるわけです。というか部隊の中で喧嘩が起こります。

「絶対前進!!」みたいなやつと「まずは退路を確保しつつ、敵がどこにいるか探ろう」みたいなやつが喧嘩します。




もちろん、戦術という意味合いにおいては部隊ごとの考えは意味があります。


しかし、全体としては方向をまとめ「誰が何をやればいいか」を明確にしないとやられます。



さてさて、会社においては価値を生産することが戦闘なわけでございます。

ではその中で隊長(マネージャー)は何をすべきなんでしょうか。





答えは、ルーティンワークを作ることです
 

業務を要素で分解し、手順に整理して誰がやっても80点を取れる方法を考えるべきなんです。

 


そして、現場でそのモデルがうまく回っているかをメンテナンスします。

これができればどんな職場もある程度は回るようになります。

そうすれば業務が標準化するために、属人化を防ぐことができます。




ちなみに外資ってこのイメージありますが、実は日本の会社より少し合理的な判断しているかなぁくらいであんまり変わらない気がします。
 



現場の仕事マインドを変えることが業績回復の一番の近道だと思う今日この頃でございます。





それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる



関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)