こんにちは。いくばるです。


先日のTwitterで決めました。連載記事書いていきます!

題して、「人材不足の時代を乗り越えるための中小企業採用戦略」!!
いい商品を作っているし、いい会社なのになかなか市場にその魅力が理解されず採用に苦戦している会社によくお会いします。

直接お会い出来る企業様は私が変えて見せますがなかなか全ての会社に対しては不可能でございます。そんなジレンマから生まれた企画!ぜひ「ためになった」という意見がありましたら拡散していろんな人に届くようにお願いいたします。

構想したところほぼ書籍ができるレベル(笑)なので以下の目次を作成いたしました。

ここから各記事にリンクが飛ぶようにしますのでぜひご活用ください。
(8/6 時点ではこれからリンク貼っていきますのでまだありませんです。しばしお待ちください)

人材不足の時代を乗り越えるための中小企業採用戦略-いくばる- 

【目次】

0章.はじめに 


   下手したら過労で鬱になりますよ。
   周りがちゃんと配慮しながら戦略立てることが大切です。
 


 

1章.まずは足元を固める 



   インタビュー力とプレゼンテーション能力

   場合によっては会社説明会から参加してもらう。

   採用が企業の今後を決めるという意気込みを共有

   ざっくりいくらになるのか決めないことには進みませんよね。

   いつまでに何人採用すべきかを、現状に沿って考えましょう。

   マイルストーン決めて共有しとかないと自分の首を自分で締めることになりますよ。




1.2【定義づけ】

 


      年齢・性別・指向性・趣味・性格


   経験をどうやって定義するか。

   学歴・資格

   ※このハードルは下げた方がベター!!






1.3【下準備】



   ・モデルキャリア ・モデル年収 ・社内の雰囲気 ・会社説明資料 ・福利厚生の詳細





1.4【選考準備】


1)選考はどのような流れにするのか 

  ・書類選考は何を基準にするのか

  ・ペーパーテストはほぼ意味ない 
  ・最初が肝心

  ・冒頭から社長を出す戦略のススメ


2)誰が何を話すのかを決めることが大切!




2章.情報収集をする 


2.1【無料のものを使い倒す】


1)まずはハローワークに行こう!


2)媒体2社、人材紹介会社3社、派遣会社2社の話を聞こう 


3)近くにチラシを置いてくれるところがないか探す 




2.2【社内の情報はまとめておく】


1)今働いている人はどうやってきたのか 


2)なぜきたのか 


3)いまの満足度は? 




2.3【データを調べる】


1)世の中のデータは必ずチェック 

   ・総務省統計局の使い方 
  ・リクルートの情報

 

2)競合他社のページをググりまくる 




3章.アクションを起こす 

3.1【自社ホームページは顔です】

  ランディングページの質は会社の信頼度を決めますよ。


3.3【採用手法を選択して動く】

   新卒ナビサイト

   新卒人材紹介

   中途媒体

   中途人材紹介

   派遣

   紹介予定派遣

   ハローワーク

   ダイレクトリクルーティング


3.4【状況をフィードバック】


 

3.5【課題を抽出】



3.6【次の手を考える】



4章.SNS戦略は大事ですよ。

 ・若者はSNSで情報を仕入れます

 ・硬い内容は逆効果

 ・定性的なことをどれだけ発信できるか

 ・社員にも拡散の協力をしてもらいましょう。


5章.採用から社内を考える 

  自社の給与体系、福利厚生、キャリアアップモデル、得られる技術、評価体制

  オフィスや工場のインフラの変革


6章.まとめ 




このページを使いながらぜひ参考にしてくださいね。
それでは、いくばるでした。


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)