こんにちは。 


今日ふと採用のプロである自分が転職するとしたらどうするかなぁと思いました。

裏側を知っている人がガチで転職活動したらどうするかというマニアックなエントリーですが、転職考えている人の参考になれればいいですー。


さて、真面目に考えてみます。


★★★
まず業務を棚卸しします。現在採用戦略を提案している私ですが、もともとは営業職です。

なので、できることは営業系と企画系の二つ。


もう結構いい歳なので現場営業はやりたくないですが、一旦まとめます。


営業系

 ・営業戦略の提案

 ・ターゲットの策定

 ・具体的な営業の実践(テレアポから訪問提案クロージングまで)

  ※メール打ったり、テレアポしたりは意外と結果出てて楽しかったです♪
  ※一応トップ営業マンのうちの一人でしたからね。 


企画系

 ・クライアントの課題ヒアリング→整理→パワポでまとめ

 ・原因の仮説立て

 ・解決方法の提案プレゼン

 ・解決策の運用管理


基本的には上記は人材領域(採用・労務管理)です。

あと学生の頃から美術とデザインが好きだったので広告ツールは自分で作れますねぇ。


★★★

次は自分の行きたい業界とかやりたいこと。

あえて転職するとすれば何がしたいでしょうかね。。。


んー、人材領域はかなりやりがいあるからまだやりたいことあるしなぁ。かといって自分で起業しない限り3人くらいのシードステージのベンチャーはハイリスクだし。

最近はベンチャー(グロースステージ)の採用案件が心踊るので自身の興味が向いているのでしょう。逆に国内トップの規模感だと業務がある程度ルーティーンなものになっているので外部支援の方が楽しさはある。


よって

 ・人材領域の企業 規模1000名以上 企画・戦略職

 ・グロースステージのベンチャー企業 規模300名以上 人事職

の、2択に絞ります。

 
★★★ 

さて、次は転職方法です。
 

まぁまずは私も人材紹介のエージェント企業に登録に行くでしょうね。

リクルート、インテリジェンス、JACの3社くらいでしょうか。

 

登録するだけだとほぼ意味ないので、キャリアコンサルティングの面談をしてもらいます。

この際に自分の希望年収(本当の希望の20%割り増し)を伝えるとともに、自信持って実績を伝えやる気をアピールします。

※人材系の会社って意外と人のやる気で動いてくれることが多いのでこのやる気アピールはとっても大事です。(逆にどうせエージェントの面談で企業面接ではないでしょ?と低いテンションで言ってしまうと仕事があんまり紹介されません)


そこで大体の市場感掴みます。(私も市場全ての採用案件がわかる訳ではないので)



そしてダイレクトリクルーティングも登録します。

これはビズリーチとインテリジェンスの2社で十分そうですね。

これは基本的には求職者は待ちのスタンスになりますので、さっきの2つのターゲットに響きそうな職務経歴書を作ります。待ちが故にこの経歴書でかなり変わってきてしまいますからね。


あとは暇ならハローワーク行きます。

たまに急成長中の優良ベンチャーがハローワークで求人出していたりするんですよ。ここならまず求職者の競争相手が少ないので、ラッキーで見つかれば必ず勝てる気がします。


これで1ヶ月を過ごします。

1ヶ月あれば100件から500社くらいの求人を見る機会が訪れます。


それを50社から100社をリストアップしておきます。

そして一つ一つ企業をネットでググります。

大体の企業が自社の採用ページを持っておりますので、エントリーできるところはググったついでにエントリーしちゃいます。


これで先の3つの方法を駆使して面接を30社くらいやります。



★★★

面接の準備は2つ。

企業のホームページ、その企業がいる業界ニュースをGoogleとTwitterで調べる。これでアウトラインは理解できます。

人材業界なら私まぁまぁ文献読んでいるので(企業労務の戦後史とか、労働史とか、現代の雇用問題とか)かなりアドバンテージあります。


あとは企業がなぜ人を募集しているかを聞くか仮説立てをして、それにあった説明をして行きます。これで合格率60%くらい行くでしょう。

残りの40%は合う合わないとかイメージとか不確定要素が働くので考えすぎないことを意識するでしょうね。



★★★

そして内定5社くらいとって、年収・将来のキャリア・得られる経験を比較しながら1社に絞ります。

場合によってはこちらから質問事項を作成して企業に質問をします。



以上、正規の方法ならこんな感じで転職活動するでしょうね!
 


しかし、本当は知り合いづてかTwitterで経営者にアプローチして転職するかも。今の時代人と人の繋がりの方が有力な情報があるという逆転現象が起こってますから。

もし興味があれば人づての転職方法の極意なんかも書いていきたいと思いますー。

 


それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村

関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)