こんにちは。

いくばるです。


先ほど20代の新サービス無期雇用派遣を紹介しましたが、んじゃ30代40代はどーすんのよ?というクレームが想定されますので書きますね。

特に40代になったら即直接雇用を目指しましょう!


なぜなら流動的な雇用形態は常に最新の技術なりスキルを問われます。

しかし、50歳になっても60歳になっても勉強するのは正直しんどいと思います。

なので、直接雇用での長期就業というのが必須になってくるわけです。


さて、ここで問題というか不安なのが「40歳を正社員で雇ってくれるの?」ということだと思います。

結論から言いますと、「少ないけど、あります!」


ではそれをどうやって探し、面接に行き、決定をもらうのか。一緒に考えて行きましょう。




1)いままでの仕事でやってきたこと・できることを整理する


あなたがいままでにやってきた仕事って何でしょう?

軸があるのであれば、その一貫した軸をしっかりと言葉にしてください。


また、できることはやってきたこととイコールでなくてもOKです。

例えば業務の中で他の部門とコミュニケーションをとりながら行った経験や、営業から適当な指示出しを受けて交通整理をして業務を行った経験などあなたの経験で価値のあることはいっぱいあるはずです。

そう、あなたの経験は価値があるというところから出発することが大切です。




2)求人をさがす

求人は中途採用のエージェントにはほとんどないはずです。

ではどこで探すのか。


・派遣会社の紹介予定派遣

・直接雇用になった実績のある派遣案件

・ハローワーク

です。


紹介予定派遣もそんなに案件数は多くないかもしれません。それでもエリアを少し広げることや年収を少し下げるなどしながら根気よく探してみてください。

派遣から直接雇用狙う場合は何より「実績」が大事です。いつその実績があったのか。何歳くらいのどんな人が直接雇用に切り替わったのかという詳細の情報を手にいれる必要があります。


最後にハローワークですが、意外と侮れません。

国家機関が運営する国内最大級の人材斡旋団体です。

しかも、企業側は利用料無料なので大半の企業が一度は使うはずです。もう一個メリットを言いますとハローワークの登録層は50代以上がボリュームゾーンです。なのであなたと競合するのは年上の方々になります。ここで勝負ができるわけです。
 

ハローワーク最強説。




3)面接の練習をする。

なかなか日頃面接の機会がないと思います。

なので、面接の練習は必須です。

ではどうやってやるのか、できれば友人など身近な人に協力してもらい1時間くらいシミュレーションしてみましょう。


面接の質問は

 https://www.shuupura.com/お役立ち/面接質問一覧集100/

こんな感じでネットにいっぱいありますよ。



戦略を書き出せばあと10個は出てくると思いますが、むしろ大事なのは諦めずに継続して失敗や当初の予想と反している部分を修正し続けられる力だと思いますので頑張ってくださいね。


それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)