こんにちは。いくばるです。 


真面目なんだか不真面目なんだかわからない「いくばるの気ままにブログ」でございますがやっと50記事を超えました。(今58記事目くらいです)


たまには完全にふざけようと思います!!!
 

そもそも毎日「たのしーいーー!!」と言いいながら仕事をしている人って何人くらいいるんですかね。



私も今でこそ仕事は楽しいと思いますが、3日に1回は胃から何かが逆流しそうになりますし、全てを捨ててしまいたくなる欲求にかられることもしばしばです。ただし、同じくらい楽しいこともあるのでギリギリバランスを保てています。(年間で考えると楽しいという気持ちが多少上回るという意)



新卒1年目の時、直属の教育担当が62歳でハイパージェネレーションギャップに苦しめられたことを今も昨日のように思い出します。

あの時は本当にしんどかった。全方位敵の感覚で仕事してましたからね。

ただし、その環境を脱するために本を死ぬほど読んだし、PCスキルも分析スキルもコツコツ勉強し今があるので、まぁ無駄ではなかったです。

(結局社内で一番結果出して辞めました…という自慢。ま、あんだけ努力したし)



ということで今回はそんな日々「仕事辞めたい」「仕事つらい」「仕事なんのためにやっているんだ」と思っていた暗黒時代の私に送る「仕事が楽しくなるかもしれない工夫30個」をお送りいたします!
 

※尚、実証していないことも含まれておりますので、試す場合はくれぐれも自己責任で周りの人に相談してみてからにしてください。


目次が長げぇ。。。



毎日の仕事を楽しいものに変える工夫30個 目次

【真面目編】
 1.夢を持つ
 2.長期キャリアを考える
 3.1年後の目標を作る
 4.毎日達成することを決める
 5.ポイントカードを作る
 6.フィードバックをもらう
 7.少しの改善や成長を周りに言う
 8.仕事が楽しいとまずは言う
 9.仕事で活かせる勉強をしてみる
 10.定時で帰れるように意識してみる


【人間関係編】

 11.仕事を楽しんでいる人と食事する

 12.メンターを見つける

 13.愚痴(ネタ)を言える友達を作る

 14.職場と関係ないなんでも言える友達を作っておく

 15.友達に夢を語ってみる

 16.恋人と仕事の話をちゃんとしてみる

 17.嫌いな人と話さなくていい方法を考える

 18.匿名SNSアカウントを作る

 19.社内の人に興味を持ってみる

 20.みんなで共通の趣味(部活)を作ってしまう



【おちゃらけ編】

 21.怒られた回数をポイントにする

 22.どこまでやったら怒られるか挑戦してみる

 23.クライアントを飲みに誘ってみる

 24.仕事の空き時間を見つけてTwitterをしてみる

 25.社内の人の給料をマッピングしてみる

 26.社内システムに惰弱性はないか検証してみる

 27.髪色で遊ぶ

 28.仕事は本気の遊びだと信じ込む

 29.遊びみたいな仕事をしてる人の話を聞く

 30.仕事中に遊ぶ





1.夢を持つ

いきなりとてつもなく真面目なことを言います。

夢を持ちましょう。

なぜか?

夢は生きていくためのツールだからです。

夢があれば、貧乏も悔しさも侘しさも乗り越えていけるんです。と古今東西の小説に書いてありますた。


ちなみに夢はどっかから降っても来ないし、啓示を受けることも基本的にはありません。

夢は決めるんです。自分で。

とりあえず決めて3年ごとくらいに変えたっていいじゃないですか。


私はやりませんが夢を書いて壁に貼ったらいいと思います。

(実はワタクシの手帳の中に書いていたりはするのですが。。。)




2.長期キャリアを考える

夢に被ります。被ってもいいんです。だって今回は3行目からふざけてるから!
 

とりあえず10年後に年収1000万!的な目標を立てたあなた。

それを達成するために5年後はどうしてたいか。

3年後はどんな仕事をしているか、考えてみましょう。


もはやこのプロセスは妄想の域に近いですが、いいんです。どんな妄想をしようと実行しない限りこの国では罰せられません。


できれば妄想も自分で実行できるぐらいまで噛み砕いてみましょう。
 

これノートとかに書かないと忘れちゃって、ただ時間だけを浪費したなんて結末になってしまうので100均のノートでもコピー用紙でもいいので書き記しておきましょう。




3.1年後の目標を作る

少し真面目になって参りました。

なーんとなく将来のビジョンができたあなた。


まずはその達成のために1年後にはこうなっていたい!というものはちゃんと考えましょう。

1年くらいだと環境とか運とかで結果はぶれるのですがいいんです。

1年先を見越して日々生きるくらいがちょうどいいんです。成長感ありますから。


ちなみに、失敗や上司に鬼怒られた時は5年先を見ましょう。

長期的なキャリアの中で一つの失敗なんて大したことありません。

私は社会人最初の方に失敗した時、よく公園で星を見ながら3光年先を見てました。




4.毎日達成することを決める

その上で毎日これを達成するという目標を立てましょう。

項目は2から3個が限界だと思います。毎日ですからね! 
 

達成したら気持ちいいし、達成しなかったら「ま、そんなもんだろう」くらいでいいと思います。


そもそも自分の決めたものに縛られすぎていて苦しくなるのはナンセンスだと思うのです。

ただし、人間決め事を作らないと低い方へどんどん流れます。ナイアガラの滝みたいになります。

私の場合日頃休みの日も朝から動きますが、決めないと1日18時間ほど寝てしまいます。




5.ポイントカードを作る

日々の目標はポイントカードで判子を押しましょう(もちろん比喩的な意味ですよ)

小学校の夏休みのラジオ体操は初めの5日くらいは苦行感が半端じゃないですがポイントがたまってくると行かないともったいない感が出てきて毎日頑張ってしまいますよね。


大人になろうと基本的にはみんな心は小学生なんです。(頭は大人、心は子供…コナン的な)


物理的にポイントカードを作ってもいいのですが、誰かに見られた時に「意識高そう」とか「そんな方法…?」みたいなリアクションだと死にたくなってしまうので、アプリで管理しましょう。


今はスマホで大体のことができる便利な世の中ですから!

こんなのもありましたよ!




6.フィードバックをもらう

続いて、周りの人も巻き込んでいきましょう。
仕事って一人では完結しないので周りの人も巻き込んで仕事を楽しくさせるツールにしてしまいましょう!


まずは、機会をみて周りにフィードバックをもらえるようにしましょう。

「最近仕事で悩んでいて、今の自分の強みと伸ばしたらいいポイント教えてもらえませんか?」と勇気を出して言いましょう。

これで弱みを言いまくるヤツは鬼です。

大体の人が褒めちぎってくれます。超気持ちいいです。

でも、ちゃんと伸ばせばいいところ(=短所)も聞いてどうやったら改善できるかの策くらいは考えましょうね。


こうゆうことができる人が仕事楽しめるんだと思います。




7.少しの改善や成長を周りに言う


そして、褒めちぎられて少しやる気が出たところで日々の業務に取り組みましょう。

目の前の業務を少し改善してみたり、変化させてみましょう。

ポジティブに考えれば改善点なんて何個も出てくるはずです。


そして、自分が結果を出したり業務が改善したら、控えめに周りの人と共有してみましょう。

「これ、こうやってみたら時間が3分短縮できました」とか「こうやったら先月よりも数字良くなりました」とかです。


これで「は?だから?」と言ったヤツには今後お得な話を一切する必要はありません。

大体の人がまあまあ褒めちぎってくれるはずです。


ただし!これに調子乗って自分のことばかり語るヤツは、とっても煙たがられますので1週間に1回などルールを決めておいてください!




8.仕事が楽しいとまずは言う

とりあえず言ってみましょう。仕事が楽しいと言ってみると楽しいことに目が向きます。そうするとじきに本当に楽しくなってくるという不思議さ。

脳科学の分野では「人間は笑うと楽しくなる」らしいです。楽しいから笑うんではないんです。不思議。


久しぶりに友達と会って話をするときもとりあえず「なんだかんだ楽しい」と言いましょう。10回超えたあたりからガチで自分が楽しくなります。


ただし、本当に死にそうなくらい辛い時は「辛い」と言いましょう。そんな状態で「楽しい」と言ってたら笑いながら涙が止まらなくなる可能性があります。




9.仕事で活かせる勉強をしてみる

続いてちょっと真面目なやつです。(真面目編ですから!)
 

仕事が楽しいと思える時の一つが「自分が成長しているとき」です。
 

なので、仕事で活きる勉強をしてそれをすぐに実践してみましょう。そうすると少し自分が成長しているのが実感できます。これを繰り返せば楽しいし成長できます。最高のサイクルでございます。

ポイントは勉強した翌日に実践できるレベルのもの。

経営戦略とか勉強しても明日から活かすタイミングないでしょ?無理して機能覚えた「ブルーオーシャン」という単語を連呼してもウザいだけです。


オススメはアウトルックやエクセルの活用くらいのレベル。

そうすると翌日から使えますし、同僚に語りたくなると思います。





10.定時で帰れるように意識してみる

仕事が楽しくない状況の一つに、残業の 多さがあると思います。

あまりに多い場合(月80時間とか)は退職を検討しましょう。45時間ぐらいだとまぁ普通の体力であればできてはしまいますよね。でも結構疲労しますよね。


そこで毎日定時に何分近づけたかを記録しましょう。

そして1分でも短い時間で帰れるように仕事を一工夫してみましょう。毎日17時にやらなくてはいけない仕事があるのであればその下準備を朝してしまいましょう。


残業は体制の問題や組織の雰囲気の問題など自分一人では解決できないものもたくさんありますが、自分で解決できることも必ずあるはずです。


世の中的には胸張って自慢していいことをしているわけですので、気兼ねなくやっちゃいましょう。そして1分でも早く帰ってのんびりすることが仕事を楽しくするベースになるでしょう。



勢いで書いたら文章がだらだらと長くなってしまいましたので、次回に続きます。


次回!仕事を楽しくする方法【人間関係編】


それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村

関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)