こんにちは。

いくばるでございます。


日曜日ということで歯医者行ったり読書したりしながら過ごしております。

さっき海老原嗣生さんの「クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方」という本を読みまして、とっても刺激的だったのでエントリー書きたいと思います。
 

クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方 (星海社新書)
海老原 嗣生
講談社
売り上げランキング: 54,853




冒頭から全力で脱線します!


私なんの巡り合わせかわかりませんが、3年前から大学生の就職活動のお手伝いをさせていただいておりました。しかも300人くらい。笑


要は、就活のお悩み相談ですね。


そもそも、新卒採用は私の専門領域に入っていないので「正直申し訳ないなぁ」とか思いながらやっていたんです。

でもやってわかりました。そんなん関係ないんだと。


なぜなら就活生の1番の悩みは「行動できないこと」なんです。

そもそも、そこそこの大学に入学する知能があれば大抵就活なんてなんとかなるんですよ。

それが行動していないか、行動に大きなエラーが発生していることの2つが問題なわけです。


前者は今までの半生を教えてもらい、何かしら光るものを見つけて褒め倒してあげればなんとかなります。

正確には
 

 1)過去の整理 

 2)何をやりたいか輪郭線を引く 

 3)方法を3つ考える


という手順で行けばあとは本人が頑張るだけだし、そこまで見えていれば頑張れるものなんです。


さて、本題に戻ります。


社会人でも、夢を抱えたまま何もしない人って多いですよね。

今のままでは自分が満足できないなぁとか思いながら日常を送っている人。


側から見ていると非常にもったいないなぁと思うのです。


ではその解決方法を冒頭の本から抜粋しながら書いていきます。


結論は

「夢なんてその時々で変わるんだから、今やりたいことを戦略的に挑戦しろ!」って話だと思います。


まぁそれが簡単にできたら訳ないので、大切なポイントが5つあります。


 1)好奇心
 2)持続性
 3)柔軟性
 4)楽観性
 5)冒険心


この5つの要素を持って行動できれば、満足いく結果が得られるはずです。

このままだとあまりにもざっくりしているのでもう少しコメントします。



1)好奇心


新しいことに対してのアンテナや、実際にやってみる力。

興味関心を持つことで自分がやりたいなぁと思うことに当たる。

もし「私好奇心ないし。。。」という人がいたらその人は機会がないだけです。だって誰しもが3歳の頃は好奇心があったはずです。子供が成長する原動力は好奇心ですから、今のあなたを形作ったのも好奇心です。



2)持続性


とはいえ好奇心だけを原動力にしていると、「あれもこれも症候群」になってしまいます。

一つのことを始めるにあたってのポイントは一定期間「続ける」ことです。

一般的には「1万時間の法則」がありますが、ちょっと興味あるくらいで1万時間も続けられる訳ないだろうと思います。


楽器をやっていた私の経験から言うと

一日3時間を3ヶ月継続できるかどうかが大きなポイントだと思います。

「まずは3ヶ月!」もしくは「まずは100日!」が合言葉です。


例えばギターを始めるとします。

一日1時間でもいいので3ヶ月継続できれば初心者を脱する入り口に立てます。具体的には3ヶ月で1曲くらい弾けるようになる訳ですね。

もちろんその先は長いですが、3ヶ月を超えたあたりから楽しさ曲線がググッと上昇します。


そこまで行けばおそらく向いているはずですし、1万時間を目指せるかどうかの判断もつきます。

 


3)柔軟性


そして1万時間を超えたあたりで出てくるのが慢心。

自分のスタイルや経験に固執してしまうことで、せっかくの変化のチャンスを逃してしまうのです。

世の中の一流の人たち(政治・経済・芸術)で変化をしていない人なんていません。


では変化とはどうやって実現するか。

目の前にやってくる「やったことのないこと」に挑戦することです。

そして、そのためにいろんな人のアドバイスを聞いて行動に変化を取り入れるのです。



4)楽観性


この部分はとっても前出の本を読んでよかったと思ったので、ぜひ読んで欲しいとこです。


端的に言えば

「世の中、失敗するのが当たり前で成功したらラッキー」くらいの感覚で行動することです。

現代の日本で失敗して死ぬことってほとんどないですよね。

カイジの世界があれば別ですが、基本的には借金があっても救済措置はいくらでもあります。


孫正義とかも億単位の借金平気でしますし。

ま。人生そんなもんなのでしょう。達観した楽観主義に勝るものはないのです。



5)冒険心


そして最後に挑戦する心。冒険心です。


4と若干角度はかぶりますが、失敗を恐れずに挑戦すると言うこと。

これって生まれ持った資質(もしくは環境)がめっちゃ関係すると思うんですよね。


私が提唱したいのは保険を挑戦する前に何個も作ること。

例えばサラリーマンをやめるのであれば、フリーで月15万円は稼げる方法を考えとくとか、コンビニの時給しらべておくとか、3ヶ月は生きていける貯金しとくとか。


失敗しても3ヶ月は生きていける状況にしとけばなんとかなる訳ですよ。

そしたら挑戦も結構ハードル下がります。



そんな感じで私もクランボルツに改めて興味を持ったので、ぜひこの本読んでみてください。

1時間くらいで読めるしね。



それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる

関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)