こんにちは。

いくばるでございます。


私のブログを振り返ってみて重大なことに気づきました。

それは

面白くない!と言うこと。



なんでわざわざ休日とか平日の仕事終わりのしんどい時間使ってこんなつまらない文章書いてるんだ。
という大きな後悔。

考えながら書いているので決してタイピングが早くなるのでもないし、メリットなんもない。




原因はわかっているのです。真面目ぶるからです。



ということで、面白いとかどうでもよくただただまわりのリアクションも考えずに採用というテーマだけ残した状態でなりふり構わず文章書いていきたいと思います。



今回は採用にお困りの企業さんに提言したい。

採用に悩んでるのならとにかく高卒とれ!と。

以下根拠を書いていきます。

目次

 1)高校卒業者数
 2)その質についての考察
 3)高卒者を取るための戦略
 4)高卒者を生かすための成長戦略
 5)まとめ



1)高校卒業者数

まず文部科学省の統計によると毎年19万人の高校卒業者がおります。
 

http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2016/01/18/1365622_1_1.pdf

(※それにしてもこのまとめ最強感ある) 


19万人ですよ!

しかも企業の70%は4大卒の人たちを探しております。


完全にブルーオーシャンです!泳ぎたい放題!


他の企業がターゲットにしてないところで勝負するのがビジネスでしょ。




2)その質についての考察

でも今の企業にはまだまだ高卒って非エリートでしょ。っていう意見も根深いことでしょう。


しかし


【真面目な18歳】 vs 
4年間遊んだ22歳


だったらどっちの方が会社のために頑張ってくれると思います?

 

18歳って素地としては最強ですよ?



大学に行くことで成長する人って、全学生のうちの何パーセントくらいいるんでしょうね?

確かに、最高学府で学問の基礎を習得し自分で問いを立てその解決方法を挑戦して論文にレポートできる人はいいと思いますよ。ただし、そんな学生超売り手市場ですからね。

そんな人採用できる訳ないからね。笑



ということで、高卒者の最大のメリットは、まっさらさらな人を獲得することができることです。


後に書いていきますが、この人たちを2年かけて教育すれば最強の人員敷けますからね。




3)高卒者を取るための戦略

一定数を高卒で獲得するとなったらどうするか。

シンプルに高校に出向きましょう。

 

高校に「人を採用したいから紹介してくれ」って趣旨でテレアポしまくりましょう。30件に1件は応じてくれるはずです。


そして採用のランディングページとチラシ持って高校に出向くのです。

できればyoutubeに高卒採用者向けのプレゼンをあげとくと最高ですね。



そして、学校の先生を口説きましょう。

自分の会社にくれば一流に育て上げると。しかも給料もちゃんと保証すると。


できれば、2年生を対象とした進学セミナーで採用プレゼンをさせていただけるとばっちりです。




今の採用ってネットが最強だと思われてますけど、ここまで小中高大と教育システムが構築されていると、そこに物理的アプローチした方が効率いいんですよね。




4)高卒者を生かすための成長戦略

そしてここが肝!


まずスタンスとして2年間は教育します!ということが大事。

最初の3ヶ月で社会人の基礎を教えてあげましょう。

そしてまずは12ヶ月まではOJTです。


そのあと13ヶ月目からあえて「学ぶことの重要性」を提示します。

そして従業員の自己学習に会社が出資をするんです。


例えば

 ・放送大学の授業料 50%保証

 ・N予備校のプログラミング授業 100%保証

  (1000円/月とかですし)



学ぶことの楽しさとか重要性って仕事をして見える部分が多分にあると思うのです。


これで自主的に学んだ従業員って最強ですよ。

主体的に目の前の現状を変えることのできる従業員に溢れます。


そして、極め付けは従業員の一定数を独立できるようにしてあげましょう

出資でもアライアンスでもいいです。

そうやって自社を教育プラットフォームにしてしまうのです。
 

もちろんベースとして経済活動をしているので赤になることはありません。





5)まとめ

そんな会社を作りたいと切に思ういくばるでございます。

もしそんな上場企業を作ったら日本の教育制度に一矢投げられると思うのです。


どっかの企業の社長さん。私は真面目に考えてますので一緒にやりたい人はDMで声かけてください。




それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)