こんにちは。月曜日まで残り10数時間いかがおすごしでしょうか。


私は風邪が100%抜けず、のんびりとした休日を久しぶりにすごしております。


ワタクシ最近、重い腰を上げやっとプログラミングを始めました。

具体的には某サービスを活用してJavaScriptをガシガシ書いております。


せっかくコーディングできるようになるんだし、なんかやりたいなぁとぼんやり思っておりました。


そして思ったのが、転職会議の派遣バージョン!

(当ブログたまたま無期雇用派遣の記事を書いたら派遣で働く人に読まれるブログに偶然なったのです)


「私は〇〇会社の○○部署で働きました」「働いた環境としてはこうでした!」って口コミをいっぱい書くやつ!



細かい議論は一旦置いておきますが

結局労働者と会社の情報ギャップがあるからミスマッチが起こると思うんですよね。


もちろん雇用の成立までには「労働者→会社(職場)」と「会社→労働者」という二つの情報ベクトルがあると思います。

しかし、後者の企業が働く側の情報を克明に知るというのは行き過ぎると速攻基本的人権に抵触します。つまり1984的ディストピアの成立ですね。


なので、その方向の助長は社会にとってあまり有益ではありません。

よって前者の働く側が職場の情報を共有しまくれー!ってサイトやりたいんですけどどうでしょう?



というか、もちろんやばい社員とかやばい職場とか普通にあるわけじゃないですか。それがガンガン共有されるようになってその会社が採用難しくなったら管理者が訴えられるでしょうかね?そこらへんのリーガルリスクってよく分からないんですが、どうなんでしょう?


なんかあんま考えずにみんなの役に立つサービスだと思うし、収益とか関係なしにローンチしちゃおうかなぁ。



ぜひTwitterとかでご意見ください。



それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)