人材業界「いくばる」の気ままにブログ

某大手「人材サービス」会社で働くサラリーマン「いくばる」です。 転職者の支援・人材採用のノウハウ・派遣でのキャリアアップ等々を書いて参ります。

カテゴリ:転職 > 会社選びのコツ

こんにちは。いくばるです。 

仕事探しって悩みますよね。
 
少なくとも仕事を変えようという時点で、今の仕事はベストな選択でなくなっているわけで少なからず悩んでいる状態だと思います。
その上で、では次の仕事を何にするのかという検討をしないといけないわけです。

さて今回は、その悩みに思考の軸を持って考えてみましょうという話でございます。

目次

 1.仕事選びになぜ軸が必要か?

 2.いくばる流仕事選びの価値観(軸)

 3.優先順位のつけ方

 4.まとめ




1.仕事選びになぜ軸が必要か?

突然ですが行動経済学ってご存知ですか。経済学というと数学を使って市場を分析する学問のイメージがあると思います。

しかし、行動経済学はそんな小難しい学問ではありません。
 
行動経済学とはシンプルに人間の選択について考える学問です。経済は売る人と買う人がいて成り立つものです。そしてその間には「選択」が必ずあります。洗濯機を買うにも何種類か比較して決定すると思います。
その比較検討決定のプロセスを選択と言います。

昔ながらの経済学は「人間とは合理的な選択をする生き物」という失敗しない前提で様々な市場の動きを考えます。
でも普通に失敗ってしますよね。(何なら今のあなたは職場選びに失敗したかもしれませんし)
普通の人間であれば「この買い物は失敗だったなぁ」という経験は数多くあると思います。

その失敗がなぜ起こるのかを、実験で一個一個明らかにしていく学問こそ行動経済学なんです。


で、なぜ「仕事選び」に行動経済学の話をするのか。

答えは簡単。
 
あなたは仕事選びにおいても直感的に選択をしてしまい「勢い」で就職先に行き、後悔するからです。
これはどれだけ慎重に決めようとしても必ずつきまとってきます。人間の思考形態がそうなっているからです。人間は右脳と左脳で問題を分析して、正解に近そうなものを選択するのですがちゃんとした軸がないと、右脳の感覚的な答えに流されるのです。

ではどうにか自分が選択したものを後悔しない方法はあるのか。

確実な方法はありません。
ただし、自分を冷静に分析して「こっちだったらいいのではないか」という理性的な選択はできます。

そのためには自分の考え方に流されない「レール」が必要です。
このレールがないと、磁石のようになんとなく流行っているや楽そうな選択指に流されます。たとえ学力が高くても右脳の選択というのは非常に強く無意識的なものなのです。

で、その「レール」とは何か。
これが「仕事選びの価値観(軸)なのです。

 

2.いくばる流仕事選びの価値観(軸)

この価値観正解はありません。
それはそうですよね。その人の今までの人生が価値観を構成しているわけで誰一人同じ人生を歩む人なんていませんから。

なので、まずは私いくばるの価値観をご紹介します。
私は仕事を『楽しくて儲かって社会のためになるもの』と捉えております。
もう少し分解しますと
 
【楽しい】
自分と似た考え方の人が多い職場、自分がやりたいこと、通勤が楽、感謝をしてくれる顧客に囲まれている、自分が圧倒的成長ができる業務等
 
【儲かる】
会社としての利益率が伸び続けている、利益を個人に正当に分配してくれる、会社の人数が増えている、平均年収より20%くらい多い年収等

【社会のためになる】
クライアントが感謝してくれる仕事、5年後のクライアント・市場・社会を見たとき「いい方向」に影響を与える

ということになります。
これがクリアできていれば3人のベンチャー企業でも普通人が嫌がる仕事でも構いません。もはや会社員であろうとアルバイト・経営者・自営業だろうと雇用形態にこだわりはありません。
だって自分が決めた価値観なので。

軸とは自分が何をして、何をしないかを決めるものなので設定するだけで相当肩の荷がおります。




3.優先順位のつけ方

ただし!
これを同時に満たす選択肢が訪れることはありません。それは労働市場・景気・自分の経験、スキルなど様々なことが関わってくるからです。全てが理想的な状況であれば満たすことはできますが、そんなことなかなかありませんよね。


それではどうするか。
選択肢は二つです。

1)自分でその場所を作る
2)優先順位をつけて長期計画で全てを満たす条件を探す

1の選択肢も私は常に考えております。むしろ「自分で作る」ために、今はさっきの価値観の中で譲れないものだけを満たすポジションで虎視眈々と狙っているというのが私の戦略です。
とはいえ、そこまでリスクは負えないよー。という方も多いと思います。
なので2番目の優先順位をつけていくことが有効です。



その優先順位のつけ方です。
はじめに自分が絶対にやりたくないことをあげましょう。これはその選択をした瞬間に無条件に不幸になりますので除外しなくてはなりません。


続いてこれだけは譲れないというものがあるはずです。
例えばいま子供がいて、年収350万円を切ると家計が持たないとか職場が明るく人間関係が良好でないと苦しくて仕方ないとか。
私の場合他を捨てたとしても「同世代+10歳くらいの人よりも成長できる(&市場全体が見える)環境」でした。転職したときは営業職でしたので成長とは「売れる」ことと「経営の仕方を見れる」でした。


そして次に必要なのがその選択が3年後・5年後どうなるのかを見越して優先順位をつけることです。
先に言ってしまいますが、予測はほとんど当たりません。
でもいいんです。今の時点で「どんな情報」をもとに「どんな中期計画」を立てたのか。ということが大切です。

言い忘れておりましたが、これは絶対ノートに残しておいてくださいね!
自分で考えたことなんか1日もしたら跡形もなく忘れますから。




4.まとめ

そしてその優先順位をベースに転職活動をすることです。
転職活動中はいろんなことに惑わされます。
人事がイケメン・美人とか、オフィスが綺麗とか、びっくりするぐらいの給料とか。

でも最初に自分が立てた価値観をベースに行動することをお勧めします。
迷ったら初心のノートに帰ることです。


ただし、行動していく中で自分の価値観って頭ではこう思ってたけど実際は違うかもしれないということは度々出てきます。
そしたら、なぜそう思ったのかという思考の記録も含めて書きながらあなたの価値観ノートに修正を入れてみてください。

本来であれば転職だけではなく常に自分の価値観の記録をノートにしていくと人生充実しますよ。(というか思い切りで選択することが減って納得がいく選択ができます)

一番はじめに書きました人間は感覚的に選択をするものです。そして感覚的な選択は往々にして後悔の種です。しっかりと自分が「なぜその選択をしたのか」を書いて客観的に確認をしながら進めてくださいね。

最後に、人間一番後悔しない方法は「自分のした選択を信じる」ことです。
一時自分の望んでいない状況が訪れたとしても、その時の選択は間違っていなかったと信じることで後悔はしなくなります。

しかし、逆に人間は自分がコストを払ったものから逃げることもできずらくなる生き物ですので、やはり納得がいくまで考えて考えて出した結論を選択したいものですね。


それでは、今回はここでサヨナラですー。
Written by いくばる









今日もお疲れ様です。


最近は仕事終わって某山手線の駅のスタバで記事を書くことが日課になっております。

スタバでMacBookでブログを書く。。。正直コレジャナイ感もありますがいい策を見つけるまではこのままのスタンスでいきたいと思っております。

ほんとは大戸屋にwifiをつないでいただきたい。




さて、今回はWeb上にある転職系のオウンドメディアの記事が残念の極みのため、憤りを感じて記事を書いて参ります!!
 


そもそも、人材会社のオウンドメディア記事ってエージェントとか現場知っている人が書いているんでしょうかね。文章を読む限り甚だ疑問でございます。(暇な主婦とかなんじゃ...)


さて、今回はブラック企業の見分け方!です。


  【概要】  
 1)21時をすぎても代表電話がつながるかどうか
 2)オフィスが汚い会社は99%やばい
 3)同族経営かどうか
 4)おじさん比率は会社調べの必須事項です
 5)ブラック企業として何を定義するか
 



1)21時をすぎても代表電話がつながるかどうか


昨今の会社ではフレックスタイムの導入が進んでいるとはいえ、9:00-18:00定時の会社が多数です。

そこで、チェックです。

まず21:00でも会社に人がいるということは、遅い人だと一日3時間×20日で月60時間くらい残業している可能性があります。
 

ブラック会社の定義は人それぞれですが、少なくとも60時間あれば36協定は超えますね。


ちなみにワーカホリックな私は別に60時間超えの会社をブラックだとは思いません。

それでも一般的に残業時間60時間は人が死ぬ可能性を秘めた職場です。残念ながらブラック認定でしょう。



それでは21:00にオフィスに人がいるかどうやって確認するのでしょう。
 

答えは2つ。

一つはとりあえず代表電話にかけてみましょう。ブラック企業なら21:00でも朝と変わらないテンションであなたを迎えてくれるはずです。


もう一つはオフィスの近くに行って見ること。

代表電話は留守電にしているけど電気が普通についている会社もよく見かけます。

21世紀のデジタル社会とはいえ、実はアナログな方法が最強だったりします。



やばい会社は、普通に寝袋ありますからね。

今でこそ上場ホワイト企業だけれど10年前は18時間働いてました、みたいな会社なんかいくらでもありますからね。

就職活動の一番のポイントは周りを疑うことかもしれません。



2)オフィスが汚い会社は99%やばい



ブラック企業あるあるその2。

事務所が汚い。


露骨にマックのゴミが廊下に落ちている場合もあれば、棚にホコリが被っている場合まで多種多様な汚さがあります。


しかし、一貫しているのは何らかの原因(不眠、過度なストレス、人間関係の崩壊、精神を崩壊させる暴言)により従業員が掃除まで気が向かなくなっているケースがほとんどです。


それはそうです。自分の服装すら常識を超えているのにオフィスの掃除なんてできるわけがありません。オールの飲み会明けに掃除機かけるような人なかなかいませんよね?

彼らの精神状態は常にそれなのです!



ちなみにこのような会社は企業間の支払いなども遅れるなど色々ルーズです。


私は一回従業員の採用とともにこのような会社の組織再構築の案件をやったことがありますが大変でした。従業員の方々に共感してしまうとこちらのメンタルまでやられてしまう環境の中でプロジェクトを行いました。

結局中間管理職を大幅に増強し、プレイングマネージャーが意見をぶつける場を頻繁に作ることによって改善しました。今はどうだか不安ですが。



3)同族経営かどうか



地味系ブラック企業の代表格、同族経営。もしくは家族経営。


本来は家族経営で細々と事業を営んでいた会社が、何かの弾みに大きくなってしまい100名~300名規模の会社になることがあります。

稀に上場企業くらい突き抜けることもありますが、そのスケールですと社会の公器としての機能を求められるためにブラック感は薄れます。


さてその同族経営ですがブラックとは言い切れないところも事実です。

何が問題かと言いますと、一つは社長の雰囲気や気分が経営の全て!ということと、基本的にはその会社は一族のために存在しますので従業員が損をするという点です。

株式会社ですと、株主総会の際にちょっとした親戚の集まりみたいになることも常です。



いいんですけどね。

いいんですけど、その親戚の付き合いに従業員の生活巻き込まないでくださいよ?って話です。

たまに番頭さんも生まれますが、一族に比べれば冷遇されるのは当たり前です。


同族経営かどうかを確かめるためには、口コミサイトで調べるか株主の中に同じ名前が3人以上いないか調べることです。
 

まぁ世の中にこれだけ会社がある中で、理由がなければ同族経営の会社で働くことは避けた方がいいと思いますね。


4)おじさん比率は会社調べの必須事項です


おじさんがいっぱいいる場所にろくなことはありません!

これは古今東西、2000年以上かけて人類が発見した真理です。


おじさんが増えると仕事しないんすよ。あいつら。

一人だったらそこそこ働くんすけど、三人以上いるとダメなんすよ。マジで。


まぁ逆におばさんばかりの職場も嫌ですけどね。



さて、企業を見る上で平均年齢はチェックすると思います。

しかし100歳が一人と20歳が十人いたら平均年齢27歳です。
 

平均という概念は意外と当てになりません。


転職の面接の際には必ず何歳~何歳までの人がいてボリュームゾーンは何歳なのか、そして男女比は必須です。


できれば35歳前後をボリュームゾーンとしてバランスのとれた会社に務めることです。
 

事業内容にもよりますが平均年齢が20代の会社は兵隊がいっぱいいるか(もちろんあなたも対象です)、良くも悪くもクレイジーかの2択です。



5)ブラック企業として何を定義するか 



以上ここまで4つの項目を述べて参りましたが、結局ブラック企業とは何か?を自分の中でしっかりと定義することが大切なんですよね。



もちろん、経営者による従業員の不当搾取や過度な働きすぎ等明らかに奴隷的労働を強いる会社もあります。これは論ずるもなくブラック企業ですし、みんなで情報を共有して応募者集まらないようにして倒産すればいいんです。


しかし、世の中には残業毎月80時間で年収1000万円社会的ステータスもあります。みたいな仕事も多くあるわけです。

これをブラック企業と捉えるのかどうかは曖昧だと思います。


また、多くの起業家がそうであるように自分の限界まで働くことにより自分の可能性が圧倒的に伸びていくことがあるのも事実。

それで死んでは元も子も無いわけですが、そうならない手前のところは意味があることもあるのです。



論外な企業は除き、働き方とは個人個人が求めるところですので自分の働き方を

「こうゆうところで働きたい」「こうゆう働き方はしたくない」という二つの軸で箇条書きにしてノートに書いていくことが先ずは大事ですな。




p.s. 私は転職をした時にエージェントへ「とにかくハードワーク!成長産業でポジショニングできるところ!多少の入院は厭わない!」と言ったところ恐ろしい数のブラック求人票を頂きまして今の仕事をしている訳です。






それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる
 


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)







こんばんは。

いくばるでございます。


首都圏の某田舎町のスターバックスでMacBookを広げて文章を書いております。

スタバ×Macというスタイルはなぜかいつからか辱めの刑になってしまったと思うのであります。

Appleが今ほど認知度が高くなかった時はMac使っているというのは一つのブランドでございました。

しかし、本体も異常に高くWindowsとの互換性もなく、そりゃ圧倒的Windows環境では使いづらいわ。って思われていたんだと思います。


(長くなるので省略します)


ちなみに私は両親がデザイン業界の為、幼少の頃からMac環境で育ちました。なので決してミーハーな意識高い系ではございません!これだけは切に言いたい!


★★★★


さて、前置きが長くなってしまいました。


今回は、転職の際の会社選びのコツを少々書き連ねて参りたいと思います。


会社選びといっても、どの層の転職かによって非常に変わってきます。

ここでは、年収300万円から500万円のミドルレイヤーを想定して書いて参ります。




まず会社選びの際に考えなくてはいけないのは

業界、会社規模、年収、働き方等々無限にあるわけですが

今回は一番ロジックではどうにもならないところの「相性」についてフォーカスしていきたいと思います。



はじめに結論から言いますと「面接で相性はわかりません!」。


これは企業の採用サイドも言えることですが、一回や二回あっただけで人間や組織の本質を見ることなどできないわけです。



理由として、私は企業に事務スタッフの方を派遣したりするわけですが、企業との相性が判断できるのに大体6ヶ月から12ヶ月はかかるというのが肌感覚でございます。

その期間現場で働いてみてやっとわかる訳です。




では、そんな状況の中でどうやって企業との相性を見るべきか。

大きく2つポイントがあります。


一つ目は【自分の配属される可能性の高い部署】を調べる。


転職のいいところは、総合職採用とはいえ配属部署が求人票で明示されているところです。

これは職安法で定められているところでございますので、全ての転職で原則どの部署でどんな仕事をするかということはわかります。


つまりその部署にはどのような人たちがいるのかがわかれば概ねイメージがつく訳です。


  





ちなみに!

企業の人がらで判断する際に「人事担当者」で判断するのは時期尚早です。
 

ここは切に伝えたいポイントでございます!


なぜなら人事部門とは会社の間接部門の為、全社員の中の1~5%の人たちです。
 

かつ、人事って人柄や外見いい人を配置するので結構どの会社も印象が良くなります。

新卒の就活生達が「あの会社の人たちいい人多そうだよねー」という会話をしますが、そんな根拠で会社を選ぶのはただのギャンブルでございます。



業態によって、社内の部門比率は大きく変わってまりますが、会社は直接部門と間接部門に2分されます。



間接部門は人事部や経理部、総務部、経営管理部、広報部、社内コミュニケーション部門など。

直接部門は考え方にもよりますが、営業部や製造部、開発部門なども含まれますね。



企業においてはその部門ごとに個性があります。営業は結構強めだったり、経理はモクモクと働く人が多かったり。


そんな多種多様な人々が働く組織の中で一番人当たりのいいのが人事部。広報とかもいいかも。

だって社内外の人と接することが仕事なわけですから当然です。


なので、転職の際に人柄をチェックするならまずはその企業の人が一番多い部門の人たち。

この人たちのキャラクターを把握すれば会社のキャラクターを把握することとほぼイコールになります。



二つ目は【その会社のメイン部門の人たちの人柄】を調べる。


今後数年は同じ職場で働く方々。
その人たちと相性が合わないのは最悪の事態です。なので調べましょう。

SNSで。


そこそこ大きな会社であれば必ず社内の状況をツイッターなりフェイスブックなりインスタにあげていることです。ここから芋づる式にその会社の人の趣味とか、働き方とかを調査しておくのです。


これで、自分とは合わないだろうなぁと思うようであればあまり無理をしない方がいいかもしれません。

 

会社で働くってことは相性も非常に関係してきますので是非ぜひそこらへんは慎重に調べて見てくださいませ。


(1431文字)


それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる



関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.無期雇用派遣について比較しつつ考える
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)





↑このページのトップヘ