こんにちは。

 

最近一日の10%の時間はTwitter村の中で就活生に会っている気がします。

何やってんだ、と疑問に思う反面、結構発見もあって面白かったりもします。




しかし、就活生の中で目立つのが「何がしたいかわからない」と「何もしたく無い」という人たちです。



根が深いのは「何もしたく無い」という学生だと思います。

さてさて、どうすればそこから抜け出せるのでしょうか。



・「何もしたくない」という学生向け処方箋

・「何がしたいかわからない」という学生向け処方箋



「何もしたくない」という学生向け処方箋


おそらくあなたの実家は中流階級以上だと思います。

なので、飢餓感や不条理な経験に乏しいのです。


ではどうすればいいか。





とりあえず頑張って「2日断食してください」。水は好きなだけ飲んでいいです。




それ以外にも30日間食べて寝る以外本当に何もしない。ってのもあるのですがちょっとこれは時間がかかるので今回は割愛します。




断食は1日だったらなんとかなります。


でも2日目は朝からマジできついですよ。胃が胃液だけになって体調も悪くなるし、頭の中が食べ物ばかりになるし。




それで何が伝えたいかと言いますと

親もいつか死んで、自分も何もできないとそうゆう場面がやってきますよ。って話です。




それでいいんでしょうか。




そうならないために働くというのは消極的ではありますが、非常にまともな感覚です。

なので最低限自分の衣食住を確保するための仕事という価値観で就職してみてください。




ちなみにもしちゃんと断食チャレンジして頂いたらそのエピソードを通して仕事頑張ろうと思ったと面接で話してみてください。50%の人事にはドン引きされますが、残りは採用してくれることでしょう。





「何がしたいかわからない」という学生向け処方箋


あなたが何をしたらいいかわからないのは当然です。


なぜなら、経済活動をアルバイト以外していないからです。




例えば、「明日からオーケーストラに入団してください。希望の楽器はなんですか?」と聞かれて答えに戸惑いますよね。



就活なんてそんなもんです。



昨日までやったことないことを大学四年生で突然決断を迫られるんです。

それは答えなんかありませんし、自信もないですよね。




この解決方法は比較的簡単です。



答え、「やること」!



ではどうやって「やる」のか。
 

企業は人不足です。



一日5時間週3日でもいいので、オフィスでアルバイトをしましょう。

(インターンは微妙です。この制度は欧米主流で、彼らはインターンでも結構ガチで働きます)




オフィスの中でアルバイトをすれば見えてくることがいっぱいあります。


営業職は大変そうだけどみんななんだかんだ楽しそうだとか、経理の職場ってとても静かとか。自分の身体的感覚で就活をすべきなんです。




取り急ぎYouTubeで「ExcelのSUM関数の使い方」をマスターして履歴書にExcel使えますと書けば採用してくれるはずです。

 


飲食店のバイトより入り口のハードル高いですが、3~5社くらい面接行けば1社は入れますよ。就活より簡単でしょ?



そうやって一歩進めば必ずあなたのやりたいことの片鱗は見えてきます。

ぜひその一歩の勇気を持ってみてください。





それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる



関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)