人材業界「いくばる」の気ままにブログ

某大手「人材サービス」会社で働くサラリーマン「いくばる」です。 転職者の支援・人材採用のノウハウ・派遣でのキャリアアップ等々を書いて参ります。

タグ:正社員


こんばんは。
みなさん昨日から年末休みに入り私のブログのアクセス数は激減で御座います。いくばるです。

まぁ、アクセス稼ぐブログでも無いのでマイペースで更新して参ります。

さて巷では労働契約法の5年ルールが来年からスタートすることもあり諸々の言葉が行き交っておりますよね。調べ物しようとする人には混乱状態ですわ。

よくあるのは「無期雇用派遣(正社員)」みたいなやつ。
タチ悪い求人は「正社員(無期雇用派遣)」とか。

ということでそこらへん騙されないように以下定義して参りますのでよろしくお願い致します。



目次

 1.そもそも法的に「正社員」ってカテゴリーはないのです。
 2.雇用期間の違いについて
 3.まとめるとこんな感じ
 4.仕事選びの上で自分が何を求めているのかと、労働条件の比較が大事!





1.そもそも法的に「正社員」ってカテゴリーはないのです。


これって意外と知られていないことかもしれませんが、「正社員と非正規社員の壁」みたいにニュースやりますが、正式には正社員というカテゴリーは存在しません!


なのでこの問題を論じる時に、言葉の定義の問題が非常にややこしくなる。例えば「正社員と非正規社員の雇用差別」といった時に、雇用期間の問題なのか、収入の問題なのか、はたまた福利厚生(職場差別とかも)の問題なのか論点がぶれまくるわけです。



ちょっとわかりやすい定義が厚労省のプレスリリースにありました。少し古いですが以下参照してみます。

「正規雇用の定義」
1 労働契約の期間の定めはない。
2 所定労働時間がフルタイムである。
3 直接雇用である 

「正規雇用」のうち、大企業で典型的にみられる形態としては、長期雇用慣 行を背景として、上記1、2及び3に加え、以下の要素をも満たすイメージで 論じられることが多い。

4 勤続年数に応じた処遇、雇用管理の体系(勤続年数に応じた賃金体系、昇 進・昇格、配置、能力開発等)となっている。
5 勤務地や業務内容の限定がなく、時間外労働がある。

by 厚生労働省プレスリリースH24.3.28 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000025zr0-att/2r98520000025zsh.pdf
 
 

要は、定年までのフルタイム無期の直接雇用で、昇級が出来て生活がある程度保障される代わりに、転勤や残業がある人々のこと。ですね。

しんのすけのパパひろしやサザエさんの波平をイメージしていただければいいかと思います。

まぁ今どきこんな人たちが労働者の何割なんすか?って話しもありますが一旦置いときます。


昨今では4と5には一部テコ入れが入ってますね(職務限定社員や地域限定社員の導入)



あ、あと個人的に大事な定義は「賞与」だと思うわけですよ。

正社員の特権「賞与」又の名を「ボーナス」。

ただし、契約社員の人にも少額の賞与出る会社もあるからなぁ。。。




2.雇用期間の違いについて

世の中には無期雇用と有期雇用のふたつの雇用形態があります。


有期雇用は分かりやすいですよね。

契約社員だったら1年の期間雇用で更新をして行ったり、派遣社員だと3カ月が主流だったりしますね。


一方で無敵の制度が「無期雇用」!

だって原則的に企業側が定年まで雇用しないといけないルールですよ。老人になるまで職にあぶれることがないと保証されているわけです。

(もちろん建前ですけどね。)


なので企業が従業員を解雇する場合は非常に厳しいルールのもと行われます。従業員が異議申し立てをすれば基本は勝てますね。


最近の雇用契約のややこしさはここにあったりします。

今までは無期雇用契約って正社員(と呼ばれるもの)が99%だったんですよ。

正社員は勤務地も選べないし、職種が変わることも了承しないといけないことを代償として定年までの地位を保証されていると解釈されていたわけです。

しかし!ここで新たな制度が現れました。

それが労働契約法の無期転換権(俗に言う5年ルール)!


例えば、契約社員として同じ会社で毎年1年契約を繰り返し8年働いていたとします。その場合は、2018年4月1日以降で無期転換権を発動させることができます。

そうすると基本的には契約社員と同じ条件以上で「無期(契約)社員」としてはたらくことができます!少なくとも毎年の契約更新の不安からは開放されるわけですね。




派遣バージョンも有ります。

このブログの読者35%の方々!そうあなた!

今から重要なこと言いますよ。

派遣契約の無期バージョンが無期雇用派遣です。


具体的には従来の収入(時給)や福利厚生はほぼ変わらないけど、3カ月の更新の不安はなくなる制度です。

ただし!派遣のややこしさはここからです!

なぜならあなたの雇用主は就業先ではなくて派遣会社なのです。



なので、派遣先に無期限で行くことが出来るわけではないのですね。

派遣元(派遣会社)との雇用契約が無期限になる。(基本的には職にあぶれることがなくなる)わけですが。



これから先はまだ未確認な要素もありますが、あえて予想的に書きます。

派遣会社は無期雇用という絶大なるリスクを受ける代わりに、「配転命令権」を行使できるようにするはずです!


「配転命令権」って何?と思ったでしょ?

まぁ転勤とか会社が従業員に対して職場を変える命令をすることです。


つまり、あなたの「次の」就業先を選ぶ権利は無くなるはずです。

(そこらへんよく確認した方が良いですよー)


ということで、法律改正に伴ってややこしい無期雇用契約の様々なパターンになりました。




3.まとめるとこんな感じ

無期雇用契約

 従来の正社員

 限定正社員(地域・職務)

 無期(契約)社員

 無期雇用派遣社員

 無期雇用アルバイト(パート)


有期雇用

 契約社員

 派遣社員(登録型)

 アルバイト(パート)

 嘱託社員


なんかややこしいですね。

まぁ政府としてもなるべく多くの人が無期雇用で安定的な働き方でキャリアアップをできるように推奨しているところなので、その通過点だと考えるべきですね。


次のフェーズはほとんどの雇用形態が最初から無期雇用になった上で、お金で解雇できるようにすると思いますよ。

 


4.仕事選びの上で自分が何を求めているのかと、労働条件の比較が大事!

最後に、昔であれば「頑張って正社員を目指す!」とか「とりあえず派遣社員で働こう」とか自分の指向性と合わせて雇用形態を選んでいたかと思います。


しかしここまで雇用形態が複雑化してくると、今後は個別で雇用条件の内容を自分の望んでいる働きかたかどうかチェックする必要が出てきます。

安易に言葉に流されずに、目の前の仕事がどのような条件で提示されているのか確認が絶対必要です。


ちなみに企業は細かい条件を濁すことが多いです。なのでしっかりと不明点がないように相手に回答させないと後で後悔するのは求職者です。


最低限の雇用条件はハローワークが明示している「求人票」の項目です。このレベルで分からないことがある場合かなりリスキーですから心してくださいね。


いずれにせよ、企業側は曖昧にしがちな雇用契約ですが、基本は法律で決まっております。

不利な条件で働かないためにも、働く側がしっかりと情報収拾することが求められる時代です。

これからもそのお手伝いができるようにアウトプットして参ります。



それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる

関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)









ここ

こんにちは。6月に入り天候不順で体調も微妙ないくばるでございます。

さてさて、ブログを始めて約3ヶ月。一番人気があったページが無期雇用派遣だったのでもう少し詳しく記事にして参りたいと思います。


使い方によっては、女子 × 20代 × 転職 × 事務職 というキーワードでは最強のサービスになり得るものですので、是非是非そこらへんの詳細を書いていきます。




       <目次>

  ・【おさらい】無期雇用派遣とは?
  ・メインターゲット(対象)は誰か?
  ・本当のメリットは?
  ・どのように活用していけばいいか?
  ・まとめ



【おさらい】無期雇用派遣とは?

 

さて、無期雇用派遣サービスですが、実は2種類あるんです。



一つは今年2017年から大手各社がスタートし始めた若年層スタッフの無期雇用派遣。

そして、もう一つが2018年4月1日以降に労働契約法の有期雇用期間5年を超えた方々を対象とした、無期雇用派遣。



制度上は非常に似ておりますが、対象としている人も背景も全く違いますのでご注意ください。



ここでは1点目の無期雇用派遣サービスを中心にお話ししますね。



サービスの概要はいろんなところで書かれてますので、↓リンクをチェックして見てください。

Link 無期雇用派遣のデメリットやメリット。正社員との違いについて




今年の4月以降大手派遣会社各社がすでにスタートし始め、採用を始めているようですね。




メインターゲットは誰か?


そもそもこのサービス、なぜ市場で求められているかというと「人手不足」という大きな流れがございます。

 

有効求人倍率が年々上がり、企業規模100名~500名くらいの中堅企業と呼ばれる会社も人を採用しようにもまったく見つからない状況が続いているわけでございます。


そこで、従来派遣で登録していたスタッフ方を社員として紹介するための前段階として派遣しようというサービスの立て付けでございます。




よって各社多少のグラデーションはあるにせよ

・女性

・20代~30代前半

・正社員思考が高い(やる気がある)



というのがポイントになって来ると思います。




また、専門職ではないので可愛さ(愛想の良さ)みたいなスキルも多少問われて来るであろうと感じます。



無期雇用派遣の本当のメリットは?


さて、では登録する人の本当のメリットは何か?ということを考えます。



結論は「いい会社に正社員で働くチャンスがある」ということにつきます。
 

昨今の世の中で転職するための方法は3個(人材エージェント・転職サイト・ハローワーク)が主であると思います。(あくまでメインどころです)




この3つは基本的には最低限の経験が問われます。

4大卒であったり、社会人経験3年以上であったり。。。



しかし、その条件に合わないけど、やる気もあって仕事もできる層が確実におります。

それが今回の無期雇用派遣の対象スタッフの人たちです。



従来であれば、転職の試験を受けられない会社にも、派遣会社の試験をクリアしたというお墨付きをもらうことによりチャンスがもらえます。



そして、派遣で働きながらスキルアップできるわけです


なので、その時間とやる気は最低限求められます。


それをかけることにより、名前もそこそこ知られている会社での社員のポジションを狙うことができます。
 

つまり、ゴールは派遣先の正社員のポジションです。


派遣元から無期雇用で10年も派遣されるなんてナンセンスなので、気をつけましょう。

max3年でキャリア考えた方がいいです。




無期雇用派遣をどのように活用していけばいいの?


ステップ1

まず派遣会社数社に登録して「無期雇用派遣」の入社試験を予約しましょう。

※会社によって選考基準が全く違うので、最低でも3社以上は受けましょう。


ステップ2

必ず「派遣先はどのようなところがあるのか?」「どうやって派遣先を決めるのか?」「派遣後のスキルアップ・キャリアアップ制度はあるか?」を聞きましょう。


ステップ3

派遣元(派遣会社)と派遣先(現場で働く会社)の2つの軸で最終決定をしましょう。

派遣元が良くても実際日々の業務を行うのでは派遣先の会社ですからそこらへんは慎重に派遣会社に質問をしながら決めていくのが大切です。



まとめ


さて、なんとなくイメージつきましたでしょうか。

市場全体としてもまだまだ始まったばかりのサービスですので、各社探り合いながらサービスを展開している最中です。

ここで、一歩先に自分の目指すキャリアを得るために行動することが大切だと思いますので、頑張ってくださいね!






それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.無期雇用派遣について比較しつつ考える
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)




↑このページのトップヘ