人材業界「いくばる」の気ままにブログ

某大手「人材サービス」会社で働くサラリーマン「いくばる」です。 転職者の支援・人材採用のノウハウ・派遣でのキャリアアップ等々を書いて参ります。

タグ:給料


こんにちは。

おひさしぶりです。いくばるです。

ちょっとプライベートでお引っ越し等ありまして、ドタバタしておりブログをサボっておりました。


しかし引続きブログつらつらと綴って参ろうと思います。


さて、早速ではありますがここ数年「人手不足」が新聞の紙面で語られない日はないです。
どこの人事部門の方と話しても「人手が足りない」「(人手不足で)候補者が集まらない」と仰られます。


でも、その常識は本当でしょうか?


そもそも人手不足とセットで語られるのが「少子化」。
確かに団塊の世代がごっそりいなくなって、失われた20年の薄い40代の層があり、いきなり人が足りなくなった感じはあるかもしれません。



でも、それで良いんでしょうか?


だってその話で行くと段階の世代以前が作ったビジネスモデルを昔と同じ人数でまわしているわけでしょう?
40年以上同じモデルでやっていてうまくいくわけが無いのですよ。


本来であれば売り上げ増加を目指す前に、「同じ売上を少ない人員で達成すること」を指標とすべきだったんです。



え、リストラ施策でそんなことやったって?


企業がリストラによって行なったことはヘッドカウント減らしてあとは現場で残業してどうにかオペレーションまわすようにしただけです。
そもそもバブル後激減した売上と利益に組織を合わせただけなので、先程私が申した生産性向上とは真逆なわけです。


というわけで何が言いたいのか?


人手不足とかいうけど、人を集めるのに十分な給与提示できて無いだけでしょ?って事です。


つまり、もう何年も同じビジネスモデルでご飯食べてきたのだから収益性が確保出来ないのでしょ?って話です。



だって、求人に対して人を集めるのなんか簡単ですよ。
1)市場の120%の給与の提示
2)福利厚生の充実
3)通常の120%の人員配置で残業月20時間以下

この三つができれば人どんどん集まりますよ。
なぜそれが出来ないのか。

結論は「日本企業が儲かっていない」からです。


ちょっとロジックが雑なので追って検証してみますが、基本的にはこの流れ間違いないと思います。



だって労働市場があって、人手不足で、売り手市場なら普通転職者の平均年収上がるでしょ?
今はまだそんなことほぼ起きていないですからね。

労働市場における賃金の需給バランスの影響は下方硬直性こそあれ、上方には青天井なはずなのに。

年末で暇だったら上記のスライド作ってみようと思いますわー


それでは、今回はここでサヨナラですー。
Written by いくばる




お疲れ様です。

いくばるです。


年間で職を変える人は年間280万人~300万人と言われております。


転職動機トップ3は「やりたいことが他にある」「人間関係」「現在の収入に不満がある」です。



転職する人って、年収上がるんでしょうかね?

政府統計によると(統計局ってこんなこともしているんです)



35.6%の人々が年収上がっております。逆に33.4%の方々が年収下がっております。

 

綺麗に2分されている。。。



転職は情報戦のため年収が下がった方々は上手く情報収集できずにこうなってしまったのでしょう。(それか年収が下がってもやりたいことをやったかの2択)




おそらくサラリーマンの8割が感じているであろうこの年収に対する不満。

これは問題がどこにあるのか!ということを考えずには話は進みません。



ではその問題ですが、大きく2つに分けられると思います。

それは

・会社の給与体系自体に問題がある

・その人の社内評価が低く年収が上がらない


です。



会社の給与体系自体に問題がある



前者において社内で評価されるだけの「何か」があれば解決は簡単です。

そう!「転職」です。


自分が活躍できそう、かつ給与体系が今の会社よりもいい場所に変えればいいんです。


とりあえずリクルートエージェントでも登録して見てください。(投げやり笑)
 



※エージェント会社の用途別の利用方法は別途紹介しますね、




その人の社内評価が低く年収が上がらない


後者は問題の根が深いです。

なぜ自分は評価されないのかということを考える必要があるからです。


なぜあなたは会社で評価されないのでしょうか。



考えられるのは以下5点くらいじゃないかと思います。


 1)上司とのコミュニケーションがうまくいかない

 2)評価に値する結果が出せていない

 3)自分の適正にあっていない仕事をしている

 4)人間関係にトラブルを抱えている

 5)評価はされているがフィードバックがない



この中で転職してもあまり意味がないのが、能力・結果が出ていないケースです。

何が起こりうるかと言いますと結果転職したけど前職とあまり変わらない。という残念なことになります。


まずは、自分が置かれている状況下で結果を出すことが先決です。

結果を出して評価されなければ、その能力を元にすぐ転職しましょう。



そのためには

 ・現在の置かれている状況を図にまとめ俯瞰する

 ・結果とは何かを定義する

 ・いつまでに、達成するかを明確にする

 ・そのために何をすればいいかをリスト化する

 ・実行しながら振り返り、計画修正する


この手順が不可欠です。


逆に言いますと、世の中の80%の問題はしっかりと上のルーティンを回してしまえば解決できますけどね。



まずは挑戦することです!頑張ってくださいねー!
 


それでは、今回はここでサヨナラですー。

Written by いくばる


 

関連記事一覧(こちらの記事もおすすめです)

 1.【転職】仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと厳選6つ
 2.自分のキャリア満足度高い人ってどんな人?
 3.就活で人材業界を目指す人が知っておきたい10のこと
 4.課題解決型から課題発見型モデルへの変化のススメ
 5.日本の中で「はたらく」ということ(労働法を考えてみる)







↑このページのトップヘ